多額の住宅ローンが残っていると

かつては家を持って一人前と言われたように、家や車を所有することが主流の時代でした。ですが、ここ何十年間かはかつての右肩上がりだった経済とは違い、30年以上といった長期にわたる住宅ローンの返済を続けられるという根拠は、失われつつあります。また、子育て時代に取得した住宅を、子供が独立した時に持て余してしまうことも少なくありません。ライフスタイルに合わなくなった時、うまく売却できるとも限りません。また、自然災害が相次ぐ中、せっかく購入した住まいが突然失われることもあり得なくありません。そんなときに多額の住宅ローンが残っていたら、家計だけでなく精神的にも大きなダメージを受けるでしょう。